岡井さんちのわがまま工房

お問合せ

こだわり

その用途とその人にとってベストなものを作りたい。

観賞用ではなく、あくまで実用品として。

家族、大切な人たちと何年も、何十年も使える家具。

傷は付いて当たり前。

思い出と共にそれが味となり、使うほどに風合いを増していく。

そうやって、に歳をねていける、

そんな家具を作りたい。

「 作りたいものしか、りたくない。

  • 岡井さんちのわがまま工房
  • 京都府京丹後市大宮町

お問い合わせはINORIまで

お問合せ

Copyright © 岡井さんちのわがまま工房 All rights reserved.